105

10キル10デスって意味なくない?

by
Kninjyaマサキ
Kninjyaマサキ
以前LINEQというアプリのスプラトゥーン分野で見た質問に対する知ってて欲しい回答を今後載せていきましょう。(原文のままではなく多少のニュアンスの違いや修正や要約が含まれます。)

Q.10キル10デスって意味なくないですか?
相手と自分が同じ時間だけ止まってるって事ですよね?
A.意味が無いわけでは無いです。
状況によりアドorディスアドは変わります。
例えばシャドウバースというカードゲームには蠢く死霊というカードがあります。
このカードは手札から出した時に「お互いのリーダーに1ダメージ与える」という効果を持つコスト1というとても軽いカードです。(リーダーの体力は20)
この効果、一見意味が無いように見えますよね?
俺も最初はそう思ってました。
でも本当は違うんです。
例えば相手のリーダーの体力1でこちら10だとします。
この状況で蠢く死霊が手札から出せたら相手0こちら9となって勝ちです。
シャドウバースは例え相手の体力を1にしてても20にしててもこちらの体力が0になったりすれば同じ負けです。
つまり上の例えば、は一見意味の無いように見える効果が有利な方向に傾いた例です。
これと同じようにこちらがエリアを取っていてカウントを進めている状況の相討ちは相手の打開させる力を落とすアドバンテージですし取られている時の相討ちはこちらの打開する力が落ちるディスアドバンテージです。
なので一概に意味が無いとは言えません。
勝ったならアド取ったと言えますし負けたなら仕事してないまたはゴミとも言えてしまえます。

よくエリア打開時の相討ちはゴミと言われてますしエリア防衛時の相討ちは仕事してるって言われますし。
他のルールでも相討ちアドディスアドの条件は複雑になるとはいえ根本的な考え方は一緒です。

結論:劣勢を覆してでも勝ちたいなら5分間で20キルを目指すのはやめて劣勢の1分間で4キルを目指せ
更新日時:2018/01/14 21:21
(作成日時:2018/01/14 21:21)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア