15290

短射程でのエリアの立ち回りについて

by
ブラウド
ブラウド
今回は赤スパについてではなく
短射程でエリアで勝つための立ち回り(ロラブラを除く)を書きたいと思います。

まず、短射程で勝ちたいなら、イカニンジャを外しましょう。

​​​​​​短射程使いの皆さんが思っている通り、今の環境は長射程が強く
イカニンジャがないと近づくことが出来ないと思います。
だからと言ってイカニンジャを積むのは悪手です。

立ち回りが確立したらイカニンジャも選択肢としてありだと思いますが、まず勝てる立ち回りを覚えたいならまずイカニンジャを外しましょう。

今回の立ち回りについて、ざっくり言うなら
・潜伏をせず塗りまくること、塗ることは最大のヘイト稼ぎ
です。


短射程武器で、Xエリアランキング上位に食い込む人みんなに当てはまると思うんですが
ランキングが高い人は全員潜伏はほとんどせず塗りまくります。

カラダ出して塗りまくってたら長射程にやられるじゃん、潜伏をして長射程が近づいて来るまで待ってから取った方がよくないか、と思う方がほとんどだと思いますが
それはNGです。

カラダ出して塗りまくってるということは、インクが飛び散ってることからもいる場所もバレてるしもう敵全員から場所を把握されます。
ましてや、塗りが強いから「あいつうぜーな」と思われ、試合が長引けば長引くほど全員からヘイトが集まります。
短射程の強みはズバリそこなんですよね。

チャーの斜線、クーゲルやハイドラなどスピナーの弾幕、エクスロのデカイ玉、敵の前線ブキの奇襲

そのヘイトから上手く生存し、塗り続けること
それが短射程の1番の得意技です。

まず塗り始めて考えることとして、
1番は敵の場所です。塗っていると敵からもインクが飛んで来るので
敵の場所が分かります。
まずは塗りながら敵の場所を完全に把握しましょう。

次に、射程管理です。
相手の長射程が届かない絶妙な距離を取って塗りまくります。

次に、ブロックや坂など
遮蔽物で上手くカラダを隠しながら、チャーに抜かれたり敵の弾が当たらないようにインクを撒き散らします。

これ相当ウザいです。

で、なんでこれが強いかというと
相手のヘイトが集まることによって
前にいる自分自身が、敵の場所を把握できます。
それはつまり、後衛も完全に把握出来ることになるので、相手にやられないように立ち位置を徐々に考えて動きやすくなることにつながります。
自分をやろうとして来る敵は、逆に敵も姿を晒す必要があるため
ヘイトが集まれば集まるほど、味方の後衛のいい的になるわけです。

これの究極系が前の記事でも書いた、ゾンビを積んで、塗るわけでもなくひたすら前でヘイトをかき集めるクアッドやらの環境ブキとなってくるわけですが
それはあくまで対抗戦の立ち回りですので
今回は別です。

話が逸れましたが
X上位にいる人は、このヘイトを完璧に捌ききって立ち回ります。

ただ、塗りまくることも良いことではありません。
人数不利になればなるほど、塗り続けることは非常に危険です。
敵の位置を把握しながらも、味方のイカのマークはしっかり見ておきましょう。
人数不利になったら少しずつ、複数の方向から囲まれないように、引きましょう。
逃げ場なしと判断したらすぐにリスポーンに戻りましょう。
エリアを無理に塗り続けて、維持しようとしなくていいです。
時と場合によりますが、基本的には素直に譲りましょう。
いつのまにか、いなくなるように潜伏もオススメです。
打開の時に敵を分散させるためにも
自分は生き残っておくことが大事です。
この潜伏をキメるのもなかなか難しいので、基本的には引くことが多くなると思うんですが
もしキメれた場合は、まず敵の長射程を落とすことから考えましょう。
我慢です。


で、ここでイカニンジャを積んではいけない理由が分かると思うんですが
立ち回りが確立してない人がイカニンジャ積むと
どうしても潜伏が多くなってしまうんですよ。
せっかく短射程は塗れるし、スペシャルの回転率も高いのに
潜伏するなんてもったいない。
ましてや、後衛が敵の位置を把握するための仕事をこなすことが出来なくなります。
本来キルは後衛の方が多くなるもんで
前衛はあくまで、後衛が仕事しやすいように立ち回るのが仕事です。
そして、イカニンジャを積んではいけない2つめの理由として
スピードが遅いんですよ。
それだけのヘイトを捌くということは、敵から逃げる動きも速くないといけません。
だから僕は短射程にはイカ速が必須だと思います。
少なくともメインに1以上。
それに、場所がバレていい立ち回りするならイカニンジャは必要ないですよね。


短射程は塗りが強いと言いましたが
もちろん長射程にも塗りが強い武器はありますよね。
よく見る武器であれば、エクスロや、リールガン。ダイナモも最近増えましたね。
塗りが強いブキ持つなら、安全に戦えて塗れるそれらを持った方がよくないかと思う人
それじゃスプラトゥーンが面白くない。

両者とも塗れる共通点を持ちながら、明確な違いは
機動力です。

まず前線でヘイトを買うということが出来ない時点で違うんですが、
上記にあげた武器を持って塗ってたら
奇襲や、足元に転がってきたボムが交わさずに倒される、ってよくあると思います。
短射程武器なら、塗りながらもすぐに避けて
継続的に塗ることが出来ます。

その分、敵インクが飛び交ったり、ボムがたくさん飛んで来る場所で塗りまくる必要があるため
爆風軽減やインク影響軽減を積む必要があります。
せっかく粘ってるのにダメージの蓄積で簡単に死ぬのはもったいない。
塗れる短射程ブキを持つなら、爆風軽減は0.3(特に理由は無いです。積める分だけ積んだだけです)、インク影響軽減は0.2積むことをオススメします。(ぼくはそのギアで赤スパで立ち回っています。)

防衛の時は、ステージを駆け巡って
相手がスペシャルを貯めるために塗ってくる場所を素早く塗り返しまくりましょう。
塗り返すこともちゃんとしたヘイト稼ぎですし、スペシャルも貯まります。
打開でもスペシャルを使って、防衛でもスペシャルが溜まってる。
これは短射程ブキの特権だと思います。

防衛の時に塗りまくってるからこそ
試合中盤でたまにする潜伏がぶっささります。
いつもなら塗り返してくる短射程がいないことに
油断して、簡単に降りてきてくれる敵が必ずいます。
それをしばいて
相手の打開を崩しましょう。

もちろん塗るだけじゃなく
勝つためには要所の対面力や、一気に詰めてキルをとる事も不可欠となりますが
それらはブキによって変わってくるので
日々のガチマッチで感覚を磨いてください。

立ち回りが確立すれば
ステージによってはイカニンジャも混ぜ込んで、より勝ちやすい立ち回りを自分で見つけて見るといいですね。
やっぱりイカニンジャは使いようによっちゃかなり強いです。

自分が役割をしっかり遂行すれば、味方の後衛の実力を100%に上げることができます。

しっかり考えて動けば短射程でも必ず勝ちまくれます。
立ち回りを考えてる時が1番楽しいかもしれませんね。
それを実行できた時はもっと楽しいかも。
頑張りましょう!

長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。
 
更新日時:2019/03/10 14:13
(作成日時:2019/02/12 20:05)
カテゴリ
立ち回り
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア