169

サーモンランの大きな利点について

by
corona(コロナ)
corona(コロナ)
今回は私の生きがいとも言えるサーモンランについてお話します。

スプラトゥーン2から実装された待望の4人協力マルチプレイ、サーモンラン。せまりくるシャケと戦い、ノルマをこなしてクリアを目指すモードです。このサーモンランには、ロビーから行えるマッチにはない利点が沢山あります。

まず1つ目は報酬面です。わかりやすく言えば、お金を稼げて、ギアも手に入り、ギアパワーのカケラも集められて、ロブのお店のチケットももらえて…。もういい事づくめです。開催されるたびに「達人ランクで毎回1200ポイントまで」やるだけで、ゲームプレイが非常に有利になります。1200から先は報酬がもらえるまでにやや間隔が空きますので、無理はしなくてもいいと思います(ドンドン難易度も上がっていくので)

2つ目はプレイヤースキルの向上です。正直ここが一番大きいと思っています。
・協力プレイで味方と連携を取って戦える
・武器がランダムで支給されるので、様々な武器種を触れる
・武器種毎に与えられた役割を理解できる
・オオモノシャケの効率的な処理の仕方やテクニックなどが実戦で活かせる
少し並べただけでも、このような効果があります。小分けにして詳しく説明します。

・協力プレイで味方と連携を取って戦える
これはナワバリやガチマッチでも基礎の基礎にあるものです。1人のプレイヤーだけが強いだけでは勝ちにくいからこそ、協力して4人で試合に勝つというベースを固める事が大事です。それを報酬をもらいながら学ぶことができます。別の項目ともやや被りますが、誰がどの敵に向かい、どこを塗り、いつカモンをしたりするか、などの情報を処理し慣れてくると、どのルールでも活躍できます。

・武器種がランダムで支給されるので、様々な武器種を触れる
こちらを軽視される方多いのですが、それは大間違いです。今日チャージャー入ってるからやめておこうかな…、みたいに思った日こそ、そのサーモンランをやるべきです。
強くなるためのコツとして「強い武器や流行ってる武器の強みがどこにあるか知る」というのがあります。それを知るには「相手が使っているのを見る」か「自分で使う」のほぼ2択です。サーモンランではその後者を、実戦的に学ぶことができます。
チャージャーのチャージにかかる時間、どこまで届くか、何発撃てるか、どういう場所が狙いやすいorにくいのか…。チャージャー1つ例にするだけでもこれだけの情報があり、数字で見るだけではわからない所まで、武器を使うことで学ぶことができます。この情報を持っているかいないかで、ナワバリやガチマッチでの戦い方は大きく変わってきます。
サーモンランで武器を知り、それをナワバリで使い、次のサーモンランで来る武器をナワバリで予習し、その予習を活かしてサーモンランに臨む。このようなループをして、武器に関する知識を蓄えましょう。バイトの成功率も試合での勝率も両方上がっていきます。

・武器種毎に与えられた役割を理解できる
これは先ほどからの発展と言えると思います。武器の特性を理解できたら、バイトで支給される4つの武器をチェックして、その「編成」について考えます。
どの武器が足元を確保するのか、壁は誰が塗ろうか、特定の敵はこの武器が戦いやすい、自分がこの武器になったら○○と行動しよう、4つの武器共通すると○○が得意で○○が苦手だ…。これらの情報を素早く考えられるようになると、ナワバリなどで具体的に次のような形で流用できます。
「ステージが○○、自分のチームはこの武器種で、誰が前に出て積極的に戦い、誰が支援に回るのか、相手の武器種はこうで、誰があの武器に有利or不利か…。」
ただ闇雲に塗って目の前の敵を倒しに行って、などとは全然違うと思います。これらの情報は実戦を積まないと身についていかないです。操作に必死な頃だと頭では考えられないですが、慣れてきた頃であれば頭も使える、体も覚えられる。それを実戦の荒波ではなく、味方とともに覚えられるのがいいです。

・オオモノシャケの効率的な処理の仕方やテクニックなどが実戦で活かせる
この部分は「様々な武器種を触れる」の追加要素です。モグラにはボムコロ、肩パッドにはうまくボムを入れたりジェットパックを使う、などオオモノシャケにも弱点があります。それらを的確につく動きは確実に実戦でも役に立ちます。実戦での例が挙げにくいですが、「ボムを転がして壁の裏を索敵」とか「壁を塗ってその場から逃げる」などです。
 
長くなりましたので、今回はここまでです。次回は覚えておくと損しないプチテクニックみたいなのを書ければいいなーと思っております
更新日時:2018/01/16 10:34
(作成日時:2018/01/16 10:30)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア