43

ラブドールとは何でしょうか

by
soliddolls
soliddolls
ラブドールの起源
 今、ラブドールは三つ言い方があります。まず、中世紀(日本では鎌倉、室町時代)ドイツのフェティシズムから発展してきました。フェチ文化の中、精神的で色々なセックスを満足するため、実物の女性を探すのも難しいことによって様々な大人等身のダッチワイフを作りました。最初の時、ドールの中身はコットンで外がゴムみたいの服を着て仮面をつけています。これで個人の妄想を実現しました。
ダッチワイフ
 そして、日本のAV文化の流行とともに、シリコンを利用して製造したリアルドールが出現しました。江戸時代から日本の人形製造技術はとても有名でした。人形の製造技術もどんどんラブドールに運用されています。今はすでに特別なあーとになりました。現在、愛知県の髙浜には【紫峰】という人形館があります。そこは全日本唯一の人形テーマ芸術館と言わています。館内では三万個くらいの様々な人形がコレクションされています。その中、それぞれの時代に製造された人形を細かく分けています。
リアル人形
 
 最後、中国でラブドールは大きく発展しました。セックスドールはすでに1982年日本で出現しましたが、ほんの少しの人が知って使います。セックス人形が流行したきっかけは中国です。日本では人形の製造コストが高いし、人形製造の師匠が少ないので、普通のセックス人形は100万円くらいかかります。普通のサラリーマンにとっては高すぎます。それに、日本政府が風俗文化を認めるため、多くの男性が風俗を選びました。2016年に中国貿易会社によって日本のリアルセックス人形を輸入しました。そのきっかけで日本の製造コストより中国のコストは10倍と安くなりました。それから、ラブドールを買える人が増えてきました。
作成日時:2021/04/15 15:09
カテゴリ
フレンド募集
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア